診療案内

症状から探す

痛みや違和感、動かしにくいなどの症状はあるけど、具体的に何の病気かわからない、何科に行けばいいのかわかないというお話をよく伺います。症状が軽いからと放置していると、他の部分にも異常をきたしてしまうこともあります。
下記に主な症状をまとめておりますので、少しでもあてはまる方はまずはお気軽にご相談ください。
診療風景

腰痛

ほとんどの成人の方が経験すると言われ、もっとも多く見られる痛みです。腰痛が起きる原因としては、筋肉や靭帯の異常、椎間板や脊椎の異常があげられます。ときに、内臓の病気が原因の場合もあります。症状に合わせ、ブロック注射療法、理学療法、運動療法、薬物療法を併用しながら、治療を行います。

ひざの痛み

腰痛と並んで、多く見られる痛みがひざの痛みです。中高年で最も多いひざの痛みは、変形性膝関節症が原因と言われています。膝に水が溜まるとよく言われているのは、この疾患です。また、近年では、若い方だけでなく様々な年齢の方が色々なスポーツを楽しむようになってきているので、それに伴い靭帯や半月板のケガも増えてきています。注射やお薬、リハビリや運動療法など、スポーツドクターの観点からのアドバイスも含め治療を行います。

肩の痛み

肩の痛みに悩まされている人はとても多いですが、適切な治療がされないままになっていることも多いのではないでしょうか。原因となる疾患としては、肩関節の周囲が炎症を起こす四十肩、五十肩と呼ばれる病気が一般的です。まずは、レントゲンやカウンセリングで原因を絞り込み、内服薬や注射で炎症の管理を行います。

首の痛み

首の病気は、徐々に痛みが出てきて、いつ発症したかはっきりわからないことが多いものです。頸椎に異常があると、肩がこったり手足や指にしびれが出たりもします。よくあることだと放置せずに、レントゲンなどで原因を絞り込み、お薬などを併用しながら治癒するまで様子を見ます。

手足の痛み

手足の痛みの主な疾患として、腱鞘炎(ばね指など)が挙げられます。腱は、手足をスムーズに動かすために、筋肉と骨の間で、重要な役割を果たしています。何らかの負担がかかり、腱の周りにある腱鞘と呼ばれる部分が炎症を起こすのが腱鞘炎です。妊婦や授乳中、更年期を迎えた女性にも多く見られます。手足の痛みの多くは、使いすぎが原因で炎症を起こしてしまっている場合が多いです。安静を基本として、注射療法などを併用して治療します。

骨折

骨折すると、ほとんどの場合激しい痛みを感じます。数時間後に、腫れ上がってきたり内出血を起こしたりします。しかし、ときに我慢できる程度の痛みで、見た目にもそれほど変形していなくても骨折している場合があります。適切な治療を受けずに、放置していると骨がうまくくっつかず変形したりしてしまうこともあるので、レントゲンを撮り正確な診断を行うことが大切です。骨折した部分を正しい位置で固定し、安静にすることが治療の基本となります。また、高齢者に多い骨折として、太ももの付け根の骨や手首の骨の骨折が挙げられます。その場合、骨粗しょう症を併発していることが多く、並行して治療を進めていきます。

脱臼

肩関節の脱臼が最もよく見られ、脱臼の約半分を占めると言われています。ラグビーや柔道などのスポーツをする人に多く見られます。肩関節は一度脱臼を起こすと、その後また脱臼しやすくなり、回数を増すごとに少しの力でも脱臼が起こりやすくなってしまいます。脱臼を戻す方法は色々な方法がありますが、ゆっくりと時間をかけて整復し、その後固定し安静にする治療法が取られます。

捻挫

関節に何らかの強い力が加わって、関節を支えている靭帯の一部分が損傷した状態が、捻挫です。スポーツなどで捻挫してしまうことはよくありますが、適切な治療をしないと修復が十分でなく関節がゆるんでしまう場合があります。捻挫グセがついてしまうのを防ぐためにも、正しい診断と治療が大切です。腫れや内出血の程度に合わせ、テーピングやサポーターなどで患部を固定して治療します。

打撲

いわゆる打ち身のことで、身体を何かにぶつけたときに、腫れ、痛み、内出血などの症状が見られます。処置としては、冷やすのが原則です。軽度の打撲であれば、患部を冷やして安静にすれば回復しますが、腫れがひどいときやなかなか治らない時は、骨折などが隠されている場合があります。内臓に損傷が及んでいる恐れがある場合は、専門の医療機関の受診が必要です。

スポーツ整形

スポーツを行う方の外傷や障害の早期診断と治療、リハビリを進め、一日も早い競技への復帰に向けたサポートを行うのが、スポーツ整形です。負傷した部位の治療とリハビリだけでなく、障害を予防するための体の使い方やトレーニングに関するアドバイスを含め、スポーツをする方がベストコンディションを維持できるようにスポーツドクターとしてサポートいたします。

外反母趾

外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がり「く」の字に変形することです。付け根の関節の部分が腫れたり傷んだりして、靴を履いて歩くのが困難になったり、ひどいときには靴を履いていなくても痛むようになります。原因としては、ハイヒールなどの先の細い靴の影響や、遺伝的要素などが挙げられます。アーチサポートと呼ばれる靴の中敷のような装具や、足の指に挟んで装着する装具などで、痛みを和らげ足の変形を矯正する治療を進めます。

リハビリテーションについて

明るく広々としたスペースで、リハビリを行うことができます。患者さま一人一人に最適なリハビリプログラムを、医師の指示のもと理学療法士が計画し実施していきます。物理療法で痛みを取ったり、理学療法により可動域改善します。
リハビリテーション
リハビリテーション

ブロック注射

できる限り痛みの少ない「ブロック注射」を行っています
おおしま整形外科では主に「仙骨裂孔ブロック」「頸部神経根ブロック」「正中神経ブロック」「尺骨神経ブロック」「ハイドロリリース(筋膜リリース)注射」を行っています。患者さまの痛みの場所や症状により使い分けます。
エコー(超音波)で正しい注射部位を確認しながら、できる限り痛みの少ない注射を心がけています。
ブロック注射

仙骨裂孔ブロック

お尻の尾てい骨の上部にある仙骨裂孔に行う「ブロック注射」です。腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などによる下肢の痛みを緩和し、血流を改善します。

頸部神経根ブロック

首にある脊髄神経の根元に行う「ブロック注射」です。頚椎ヘルニア、頚椎症などによる頚部、肩甲部、上肢や手指のしびれや痛みを緩和し、血流を改善します。

正中神経ブロック

手首の手のひら側のおよそ中央部分を通る正中神経に行う「ブロック注射」です。手根管症候群などによる手指のしびれや痛みを緩和し、血流を改善します。

尺骨神経ブロック

手の小指の下の方を通る尺骨神経に行う「ブロック注射」です。上肢や手指のしびれや痛みを緩和し、血流を改善します。

ハイドロリリース(筋膜リリース)注射

首、肩、腰などの痛みがある箇所に、生理食塩水と局所麻酔を用いた注射をし、痛みの原因となっている組織や筋膜をはがしていく(リリースする)ことで痛みを緩和し、血流を改善します。

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、カルシウムの減少などにより、骨の強度が低下し骨折のリスクが高まる病気です。おおしま整形外科では、「太ももの付け根の骨」と「腰の骨」を測定する全身DXA(デキサ)法と「血液、尿検査」による診断を行います。
また、日本骨粗鬆症学会認定の専門資格を持った「骨粗しょう症マネージャー」が在籍しています。

リウマチについて

関節、骨、筋肉などが、全身的に炎症を伴って侵されていく病気を「リウマチ」といい、その中でも関節に炎症が起きて軟骨や靭帯を破壊していく病気が「関節リウマチ」です。免疫異常が原因で、間違って自分の身体の一部を攻撃してしまい、それが関節の腫れや痛みなどの全身症状で現れます。初めは、手足の指の関節が腫れたりこわばったりするようになります。通常の関節症と違い、じっとしていても痛いのが大きな特徴です。関節リウマチは、早期に発見し治療すれば、症状をコントロールして、関節の破壊の進行を遅らせることができます。疑われる症状がある方は、早めにご相談ください。
・関節が思うように動かない
・加齢とともに硬くなった身体
・低下した筋力の強化

交通事故、労働災害

当院では、交通事故が原因で現れた症状の治療も行っております。事故後すぐは、目立った外傷や自覚症状がなくても、徐々に痛みなどの症状が現れることがあります。是非お早めにご相談ください。
また、通勤中や仕事中のケガや災害時は、労災保険を使って治療を行います。当クリニックは、労災保険指定医療機関に指定されており、業務災害、通勤災害による療養の給付を受けることができます。詳しくは、スタッフへお尋ねください。
交通事故、労働災害